株リッチプロジェクトは買わないで下さい。

プロと呼ばれる投資家が
ひた隠しにしていた・・・

投機筋が毎年狙う、
2倍、3倍になる銘柄を見つけるための
10個の重要なポイントを惜しげもなく披露する

今売れている「株リッチプロジェクト」を分析していきたいと思います。


まずは気になる内容です。

①株リッチ・プロジェクト トレーディング・テキスト(130ページに及ぶボリュームたっぷりのテキスト)
②低位株戦略マップ(個々の銘柄の具体的な戦略が記載せれています)
③2012年度 売買候補銘柄リスト
④低位株短期トレーディング戦略 チャート集
⑤テクニカル指標の設定方法(動画)
⑥チャートソフトへの銘柄の保存方法(動画)
⑦セットアップの具体的な見つけ方(1)(動画)
⑧セットアップの具体的な見つけ方(2)(動画)
⑨具体的な、買いエントリー手法(動画)
⑩具体的な、空売りエントリー手法(動画)
⑪利食い、損切りの手法(動画)
⑫特典:「デイトレード専用レポート」
⑬特典:「テクニカルチャート集」
⑭学習用ビデオ:「会社四季報の見方」(動画)


すごいボリュームですよ(笑)
このボリュームから発行者の本気度が伝わってきますね。

その辺のダメ商材と違うのはボリュームだけではなく、
実際に大きく稼げている実績です。


⇒新日本理化(4406)半年で株価は7倍以上
⇒虹技(5603)たった1ヶ月で、約2倍に・・・
⇒宮地エンジニアリング(3431)たった20日間で、 約2倍に・・・
⇒トウペ(4614)たった3日で、株価は約2倍に・・・


正直言って稼げる商材なんていくらでもあるんです。
問題なのは稼げる稼げないではなく、


≪どれだけ稼げるのか≫


という事です。

実績を見てもらえれば分かると思いますが、
この商材を正しく理解し、テキスト通りにトレードする事が出来れば
短期間で二倍、三倍のリターンはさほど難しくはありません。



では株リッチプロジェクトを購入すれば誰でも大きく稼ぐ事が可能なのか?
・・・残念ながらどんなに優れた商材でも、
買った人全員が稼げるようになる事はありえません。

おそらくこういった商材を購入しても、正しく内容を理解し
テキストや動画解説に忠実にトレード出来る人は
10人に1人といったところでしょう・・・。


しかしはっきり言ってこの商材の内容を理解して
自分の中に完璧に落とし込む事は
容易いです。

テキストは130ページにわたって
丁寧で分かりやすい解説が記載されていますし
初心者の方でも理解しやすい動画解説付きです。

しかも個々の銘柄の詳しい戦略をまとめた
「低位株戦略マップ」付きです。

正直この戦略マップだけでも稼げます(笑)


しかしここではっきりと言っておきますが、


・本気で稼ぐ気がない人
・楽して儲けたい人
・稼げてない事を他人のせいにする人


あてはまる項目が一つでもある場合・・・
株リッチプロジェクトは買わないで下さい。

この三つの項目は稼ぐ人と稼げない人を分ける
最低限のラインです。
これが出来なければ株リッチプロジェクトでは稼げません。

裏を返せば


・本気で稼ぐ気がある
・儲ける為に努力できる
・今稼げていない原因は自分にあると認める事が出来る


この三つをクリアー出来ていれば

株リッチプロジェクトを購入して大きく稼げる可能性が
飛躍的に高まります。

自分自身に質問して、答えが全てYESならば
あなたには無限の可能性が秘められています。

株リッチプロジェクトで大きく稼ぎ、
お金に不自由しない素晴らしい未来を手に入れる事も可能でしょう。

しかし稼ぐために必要な最低ラインをクリアー出来ていない方は・・・


株リッチプロジェクトは買わないで下さい。


まずは稼げるメンタルを構築する事を最優先させて下さい。
それからでも決して遅すぎる事はないでしょう。


特典について

これは私の個人的な考え方なのですが
特典と言うのは商品の欠点を補うためのツールであり、
それ以上でも以下でもないと考えています。

それを踏まえて、どんな特典を付けるのが望ましいのか、
あれこれと思案したのですが・・・


今回はあえて特典を付けない事にしました。


私には株リッチプロジェクトの欠点を見出す事が出来なかったのです。

さらに、特典を付ける事によって商品の価値が薄まってしまうという
本末転倒は確実に避けなければいけないと考えています。

「貰えるものは貰っておきたい」という思いは理解できますが
価値のない物は、受け取る人によっては≪害≫にもなりえるのです。

特に目の肥えていない初心者の方や、稼げていない方には、
本当に価値のある物だけを受け取って、自分の中に落とし込むという
作業が非常に重要になってくるのです。



無料で貰えるプレゼントは手に入れましたか?


まだの方は是非入手しておいて下さいね。
これだけでも販売できる程のハイクオリティーな内容となっていますよ。

詳しくはこちら

⇒株リッチプロジェクト

画像